バイク、この1台サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://buibuibike.blog121.fc2.com/tb.php/8-29007f27

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

バイク、この1台サイトトップ >ZX-9R >>ZX-9Rにトップケースつけたいな

ZX-9Rにトップケースつけたいな

楽しく旅をしたい。ツーリングを。気持ちよく。

そう考えると、荷物を担いで走るのはよろしくないですよね。

そこで、アップハンドル計画と同時にリアキャリアを取り付けることにしました。



ですが、10年選手ですから、あまり用品が販売されていない。

見つけたのは、ハードケース用ではなく、ソフトバックを取り付けるためのキャリア、ベンチュラ。

雑誌などでは見かけていたのですが、まさか自分の食指が動くとは。



車体に取り付けるのはベース部分で、その先端をグラブバーやキャリアに変更できるのですよ。

取り付け時に困ったことは、キャリアの溶接されている部分がバイクのサブフレームの穴にあたってしまい、完全に入れることができない。。

鉄ヤスリでしこしことキャリアの溶接部を削りました。強度低下しない程度に。。

あとは、プラハンで半ば強引に。。。


DSCF0615_convert_20090110214505.jpg



耐荷重は約10kg程度だったと思います。ベース、キャリアともにスチール製です。

そこにGIVIのモノロック34リットルを取り付け。

GIVIの汎用ベースをキャリアに取り付け完了。特別な加工は必要ありませんでした。



トップケース自体の重さが4kg弱なので、荷物は5kgくらいしか積めません。

でも、日常の買い物から2泊程度の宿泊ではぜんぜん問題なし。

高速道路もなんのその。峠を走っても極端に変な挙動はありません。



そして最大の恩恵といえば荷物が雨に濡れないということ。

通常のソフトバック類では雨が降れば、路肩に止まりレインカバーをかける。

そのわずらわしさから開放されるのはまさに快感。



おまけにトップケースにはロックをかけることができるので、ツーリング先でちょっと立ち寄りたいときなど、荷物の心配がだいぶ減ります。まったくなくなるというわけではありませんが。



まあ、荷物を積みおろししたりすること、走行中の落下を気にすることをツーリングの楽しみという方にはオススメできませんが、私は走ることに集中することのほうが気持ちいいので、しばらくこのスタイルでいこうと思います。



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://buibuibike.blog121.fc2.com/tb.php/8-29007f27

0件のトラックバック

1件のコメント

[C1] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

プロフィール

ユメタマ99

Author:ユメタマ99
ZX-9Rのバイクライフブログ
スーパースポーツでありながらツーリングにも使いやすい
そんなバイクをよりツーリング仕様にして楽しんでいます。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。