スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップハンZX-9Rで山を走ってみる

バーハンドル化したZX-9Rで200kmほど高速道路を走り峠へ。

加減速時の上半身の動きがおおきくなるのでアクセルワークもブレーキングも丁寧に。

今までそこまで意識していなかった下半身のホールドの重要性を感じる。

コーナリングはリーンインで走るよりもリーンウィズ、リーンアウトのほうがしっくり来る感じ。

調子に乗って、ペースを上げてリーンインで曲がろうとすると、それほど車体を傾けられていないことがわかった。

乗り方に慣れていないからなのか。

でも、変にハンドルをこじることなく曲がることができるし、視点が高くなった分、ブラインドコーナーの安心感もだいぶ高くなった気がする。

なにより、攻め攻めで走らなくても満足感を得ることができる。

そして、景色を見ながらゆったり走ることができる。



この恩恵は狙ったものだけどやっぱりうれしい。



帰りの高速道路では、今までは腰が痛くてほんとに嫌になったしまうほどだったが、そんなことはなくなっていた。

代わりといっては何だけど、下半身のホールド不足による上半身の力みで、腕が痛く。。

情けないけど、山の下りでは腕を突っ張ってしまっているのだ。



高速走行は上半身に風が当たるようになたため、それほど速度を上げたくならない。

車線の中央を走っていると、どっしりした感じはなく、ちょっとの力でフラッと動く。

軽快といえば軽快だけど、安心感にちょっと欠けるような。

今まで乗ったバーハンドルの大型バイクは試験場のCBだけだから、こんなもんかと満足しておこう。

プロフィール

ユメタマ99

Author:ユメタマ99
ZX-9Rのバイクライフブログ
スーパースポーツでありながらツーリングにも使いやすい
そんなバイクをよりツーリング仕様にして楽しんでいます。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。